日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


整体の解説

整体とは



整体(せいたい)とは、脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢等の体全体の骨格の関節の歪み・ズレ(亜脱臼)の矯正と、骨格筋の調整などを、(手足を使った)手技にて行うことで、症状の改善や治療をおこなう民間療法の一種である。「整体術」「整体法」「整体療法」と呼ばれることもある。

「整体」という言葉には、体を整える、あるいは、体のバランスを整える、という意味合いがある。
現在の整体の起源は、日本武術の柔術や骨法等の流派に伝わる手技療法に、伝統中国医学の手技療法や、大正時代に日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米伝来の手技療法と、当時の治療家たちの独自の工夫などを加えたものを集大成したものである。

なお、柔道整復業(接骨,整骨)他とは、治療に対する思想、施術内容が全く異なる。


タグ:整体
| コメント(1) | TB(0) | 整体の解説

整体の解説

整体をおこなう者の名称、資格


この民間治療法を用いる者を整体師・整体士・整体療法士などの名称で呼び、現在民間資格であり、一部に法制化による国家資格化の動きもあるが・・・


各流派の間で、組織的な統合の合意がされていない事。
国家資格化に伴う健康保険の適用による厚生労働省の医療費の更なる支出の増加。
あん摩マッサージ指圧師と業務が重複する可能性がある。
その他
などの理由により無理に近い。


無資格者である整体師が、医業類似行為を業として行っているのは、1960年最高裁昭和35年1月27日大法廷判決により「憲法22条は何人も公共の福祉に反しない限り職業選択の自由を有することを保障している」と認められているからである。



タグ:整体
| コメント(0) | TB(0) | 整体の解説

整体の解説

医療・医業等との関連、法規上の解釈、制限



整体師(整体士)は、医師法に定める医師ではないので診察を行うことはできない。つまり具体的には医学で使用されている病名を判断してはならない、とされる。(「胃潰瘍である」とか「腱鞘炎である」等)。また外科的手術、注射、はり、灸、麻酔、レントゲン撮影、さらには血圧を測ることも医師法により禁止されている。
整体師は、薬剤師ではないので、薬を調合したり投与することは禁止されている。
整体師は、あん摩、マッサージ、ハリ、灸という用語を使用することは「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」により禁止されている。
現在は、民間療法において「なでる・押す・揉む・叩く」行為は、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」に違反する行為、とされ、"50万円以下の罰金刑"、とされているので、治療行為に注意が必要である。
整体師は国家資格ではなく、民間の資格なので、人の体に触って行う治療類似行為(体重をかけて痛みを伴う場合)を行い、それが著しく好ましくない結果をもたらした場合は傷害罪に問われる場合がある。
整体師は、「接骨」「整骨」「○○療院」「□□治療院」という用語は、医師法で認められた病院と紛らわしいため、使用が禁止されている。
治療実績などの広告を出すこと、効果のある病名を掲示すること、「○○流□□派」などの流派の誇示は、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」の第七条によって禁止されている。〔最高裁判例(S36.02.15 大法廷・判決 昭和29(あ)2861)〕


タグ:整体
| コメント(0) | TB(0) | 整体の解説

整体の解説

患者・施術者が憶えておくべき 整体の禁忌対象疾患



整体術(カイロプラクティックなど)の対象とすることが適当でない疾患として、厚生労働省通達(平成03年06月28日 医事第58号)において、腫瘍性、出血性、感染性疾患、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患等とされている。さらに、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、側彎症、二分脊椎症、脊椎すべり症などと明確な診断がなされているものについては、整体などの徒手調整の手技では悪化させる恐れがあるため注意が必要である。たとえば、寝違えて首が痛い場合は、首筋を揉んだり叩いたりしてはいけない。整体師は、正式な医学知識がないため「寝違えた」と訴えてきた患者にたいして、安易に揉んだり叩いたりする人がいるが、寝違えた場合は首筋の筋が炎症を起こしている可能性が高く、揉んだり叩いたりすると症状を悪化させるだけであるため注意が必要である。さらに血圧が高いときは要注意である。通常、血管に障害があるときは血圧が高くなるため、整体術により脳梗塞、脳血栓などの致命的な障害を誘発しかねない。整体師は血圧を測ることも禁止事項であり、患者が自分の血圧を認識しておくことが重要である。


タグ:整体
| コメント(0) | TB(0) | 整体の解説

整体の解説

「整体」という名称の由来と野口整体



「整体」という名称は、元来は野口晴哉(1911年 - 1976年)が古今東西の療術を統合し、その身体の操法を体系化して創始した治療法の名称であった。

それ以前は柔術などの一部流派で「正體」・「正体」・「正胎」という名で呼ばれていたが、野口により「整体」と命名された。しかし整体という用語が他の治療法でも称されるようになったため、野口の整体は現在は特に「野口整体」といって区別されている。

野口整体では「人間にあるという体癖(体の歪み)を愉気法や活元という独自の方法で自己治療し、修正現象がおきることで自然体になる」とする。基本的には他人を治療するのではなく自分で自分を治療できるよう指導するのが野口整体の整体道場である。




タグ:整体
| コメント(0) | TB(0) | 整体の解説

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。