日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


カイロプラクティック団体

全国総合カイロプラクター協議会

カイロプラクティック団体/全国総合カイロプラクター協議会

カイロプラクティック の歴史・本質・解説など。カイロプラクター養成。カイロプラクティック・整体他、民間療法の技術研究と普及。カイロプラクティック 学校・スクール選びのポイント、外国と日本の カイロプラクティック 教育の現状解説、カイロ プラクター会員の技術向上、親睦、カイロプラクティック 講習会など、カイロプラクティック の総合解説。大阪市淀川区西中島5−9−5 06-6885-3854
西日本を中心に全国で700名を超える独立開業者を擁する全国屈指の総合カイロプラクティック団体。


★全国総合カイロプラクター協議会

トップページ http://www.00123.net/
 カイロプラクティックの歴史
 カイロプラクティックとは・・・
 民間療法としてのカイロプラクティク
 カイロプラクティックの現状
 カイロプラクティック全体矯正か部分矯正かの問題
 活動・会費および講習会
 カイロプラクティックが適さないケース・・・
 カイロプラクティックを修得したい方
 カイロプラクティック学校選びのポイント


★カイロプラクティックの歴史

 カイロプラクティックはダニエル・デビッド・パーマー(カナダのトロント出身の非医師である電磁治療家。アイオワ州デブンポート市にて開業。1845年〜1915年)によって創始された技術です。
 我が国ではカイロプラクティックは民間療法ですが、諸外国(アメリカ、カナダ、スウェーデン、スイス、オーストラリアなど)では正規の医学です。
 このカイロプラクティックの技術は遠く2500年前に医学の父であり、偉大な哲学者であるヒポクラテスによって予言されていました。エジプトの世界最古のアレキサンドリア医学校において彼の生徒たちに次の3つの言葉を言い残しました。

1. 人体は疾病に対して自然に回復する。医師はその回復する自然の力を補佐するのが使命である。
2. 薬で症状は治せても病気の原因は治せない。病気の原因は何かを見つける事が将来の医学の道である。
3. 骨について研究し、その知識を得なさい。すると、骨からいろいろな病気が発生する事が分かる。

 2500年も前にヒポクラテスが遺言したにもかかわらず世界中の医学者は脊柱をさほど重要視せず、薬の開発や外科的処置の研究ばかり行われてきたのが現状です。

 やっと今から100年前にD.D.パーマーによって初めてヒポクラテスの意思が実現されたといっても過言ではないでしょう。


★カイロプラクティックとは・・・

 ギリシャ語で手の技術という意味ですが、目的は神経の流れの改善です。身体における構造的に異常な関係を正しい関係に戻す事により最高の生理作用を発生させることを目的としたものです。
 これは、常に体内にある自然治癒力(イネイトインテリジェンス) を最大限に発揮させる事ができるように身体を保つ事を言います。
 神経圧迫のある骨のずれをカイロプラクティックでは、サブラクセーションと言い、これを取り除くのがカイロプラクティックのアジャストメントと呼ばれる技術です。
 カイロプラクティックの定義として言うと、椎骨の変位により神経圧迫のある椎骨を手によって正常な位置に持っていき、椎間孔を広げ、神経圧迫を取り除き、脳からのイネイトインテリジェンス(先天的知能)を身体中に100%働かせることによって身体の改善を行う方法です(D.D.パーマーのカイロプラクティック基礎理論。哲学・科学・そして芸術より)。

 サブラクセーションはなぜ起きるのか?
 これは、まず人間が本来持っている構造的な欠陥、つまり、脊椎動物なのに手を使うために立って一日中行動していることが大きな原因の1つと考えられます。重い頭を小さな頚椎と胸椎1番で支えているわけですが、支えきれないことが多い。常に下部頚椎と上部胸椎は変位が起きている事が多い(特に日本人、アジア民族は頭がデカくて重いので、脊柱がズレやすい)。
 そして、もう1つの原因としては、仕事などの姿勢、寝姿などの生活習慣から起きると考えられます。脊柱の上からは15ポンド(ボーリングのボールの重さ)の頭の重量がかかり、そして下にいくにしたがってどんどん荷重が多くなり、椎骨もだんだん大きく頑丈になってきます。そして腰椎骨盤にはすごいストレス加重がかかっています。また、地面からは常に突き上げてくるストレスがかかっています。ですから、骨盤は自ら運動する機能とこれら上下からの衝撃緩和の機能を併せもっています。
 いずれの場合も骨は八方向以上に変位をするので、カイロプラクターはこのずれの方向を正しく検査し、目的の方向に向かって小さな力で戻す事が大切です。 決してやたらにねじったり、おおざっぱに矯正方向も決めないで力を加えるという事はカイロプラクティックではありません。関節を緩めることでなく、正しい位置に戻す事です。この事の重要性については後で説明します。


★協議会の活動・会費および講習会

カイロプラクティック講習会の紹介とカイロプラクティック療法解説、スクール講座

所在地・大阪市淀川区西中島5-9-5 NLCビル

<活動>

全国総合カイロプラクター協議会(AJCA)は、全国的にカイロプラクティックの普及と会員カイロプラクターの講習会の案内、また技術の向上、団体保険の加入などを目的としています。

さまざまな大阪総合カイロプラクター学校主催の講習会を年間25〜35回案内しておりますが、いずれも全国総合カイロプラクター協議会会員及び全日本カイロプラクター連盟会員のみ受講できます。(1年間)
費用・期日は大阪総合カイロプラクター学校内に掲示しています。    ご注意・・当協議会の講習会等は上記、本校教室以外では、一切しておりません。似ている名称、広告等,また、無断名称使用には、ご注意ください。
協議会の会員はカイロプラクティック団体保険に加入することができます。(審査あり 有料)

<会 費>
全国総合カイロプラクター協議会(全日本カイロプラクター連盟等参加団体も含む)は結成以来、年会費を無料としております。今後も徴収予定はありません。

<講習会> (順不同)

◆新規開業セミナー 
確実に成功するためのアドバイスを行い、失敗しないコツ、ポイントを的確にアドバイス。 1回2時間30分 1回 1万円

◆スポーツトレーナー
カイロプラクティックは骨、関節重点に行うけですが、スポーツトレーナーは筋肉重点にそれぞれ施術するので、互いに補足することができます。
<プログラム>
・生理学(血液循環、呼吸、筋肉、脳)  基本を簡単に!
・運動療法学
・リハビリテーション学(簡単に)
・テーピングおよびエラステイックテープ
・トレーニング法 実技 スポーツマッサージ PNF
・実技メイン 筋肉調整
・トレーニング理論
1回3時間 10回 計30時間 45万円  認定試験料別途5万円

◆腰痛セミナー 〜腰痛の診断と治療〜
<臨床実践テクニック>

患者の半数は腰痛で来院します。新規開業者および就職した方がすぐに使える実用・実践テクニックを修得していきます。
1回2時間 4回 計8時間 3万円 

◆肩こりセミナー 〜肩こりの診断と治療〜
患者の半数以上は肩こりです! 開業者・就職者がすぐに使える実践テクニック。 1回2時間 4回 計8時間 3万円

◆トムソンテクニック

誰でも頚椎・骨盤がすぐ治る(患者はかなり満足する)、パーマー系の代表的な骨盤重視のテクニック。
世界中のカイロプラクターの多くが使用している。足の長短測定により総合的な分析を行いアジャストしていく。総合分析はトムソンテーブルなしでもできる。 1回2時間30分 4回 計10時間 3万円。

◆モーションパルペーション 〜検査法集中セミナー〜
患者を動かしながら行う可動検査法。
カイロプラクター養成所の検査は主にスタティックなのでかなり補う。検査がいまひとつの人に有効。 1回3時間 1回 1万円

◆四肢のテクニックセミナー
施術現場で多用する役立つテクニック。
肘、膝、五十肩、股関節、座骨神経通、手足のしびれ、痛み、その他。
1回2時間 6回 4万円

◆物療技術セミナー
数多くの物理療法を学ぶ。
1回7時間30分 4回 計30時間 30万円 認定試験料別途5万円

◆SOT(セイクラル・オクシピット・テクニック)
関節をボキッとアジャストせずに行うテクニック。ブロックを使用し、脳(身体)に正しい状態を記憶させる、いわゆるソフトカイロ。
オステオパシーの理論が多く入っている。
特徴:施術者は力を使わないので、全然疲れない。女性には最適テクニック。最新テクニックで、世界中に広まっている。
1回2時間30分 4回 計10時間 3万円

◆中国整体
現役中国医(臨床20年の実績)の直接指導。
1回3時間 8回 計24時間 40万円 認定試験料別途5万円

◆肋骨矯正セミナー
1回3時間 1回 2万円

この他にも常時、外部より講師を招き、様々なセミナーを行っております(大阪総合カイロプラクター学校内に掲示しています)。 中国医師による中国整体、 アプロナイドキネシオロジー、AKのテクニック、内臓反射テクニック、内臓マニピュレーション、SOT、頭骸骨調整、その他。

全国総合カイロプラクター協議会
| コメント(0) | TB(6) | カイロプラクティック団体

カイロプラクティック団体

樺ゥ香カイロプラクティック研究所

株式会社 朝香カイロプラクティック研究所(資本金1,000万円)
代表取締役 朝香 好平
神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-23-7倉本プラザビル201
TEL045-904-0336 FAX045-904-0079


カイロプラクティック変遷

北アメリカ以外でのカイロプラクティックの発展

日本
 カイロプラクティックを最初に日本に紹介したのは、パーマー・スクール・オブ・カイロプラクティック卒業生で、1930年代に渡米した十数人のアメリカ留学経験者の一人、川口三郎DCであった。日本では脊椎治療が伝統的な治療方法であったので、カイロプラクティックの評判はよかった。1945年、第二次世界大戦が終わるまで、非西洋医学療法は内務省の地方自治体が管理していた。地域によっては、内務省管轄の警察がカイロプラクターに免許を与えていた。戦後、米占領軍が内務省を解体して、厚生省をつくった。新政策では、脊椎矯正が禁じられたが、他の非西洋医学療法とともに、非科学的であるという理由であった。1947年、鍼灸、マッサ−ジ、接骨、灸などの伝統的な非西洋医学療法を認める法律が成立した。
自然療法である電気、温熱、光線、刺激手技など法律に含まれない五種目はその年、法制化を目的に、全国療術師会を結成した。多年にわたる法制化運動の結果 、前記5療法の終身営業を認める法律が1964年に成立したが、法令には今後の新規開業に関する項目はなかった。カイロプラクティックはいま2つの条件によって保護されている。日本国憲法第22条は日本国民に、公共の福祉に反しない限り、職業選択の自由を与えている。さらに1960年、最高裁は、無害でかつ法律の定める職業の領域を侵さない限り、治療方法を施すことは合憲だと判断した。1968年、30年ぶりに、アメリカのカイロプラクティック大学でDCを取った最初の日本人が戻ってきた。カイロプラクティックを合法とする有利な法的解釈もあって、カイロプラクティックを海外で修めた多くの日本人が戻って開業するようになった。 接骨師、鍼灸師、マッサ−ジ師などの非西洋医学施療者は、カイロプラクティックの理論と技術に刺激を受け、訪日した米国カイロプラクターの多くの技術セミナーに参加した。 カイロプラクティック技術は他の治療法の存在を薄いものにしたが、熟練者や非熟練者まで幅広い施療者によって行われる結果 を招いた。カイロプラクティックに人気が出たが、非西洋医学施療者によってその技術が幅広く使われたので、カイロプラクティックは独自のアイデンティティをもつ専門職というより、新しい技術として認識されるようになった。80年代には、多くのカイロプラクティック団体が生まれたが、同時に期間1-3年の訓練プログラムを行う民間のカイロプラクティック学校もたくさん設立された。 カイロプラクティック教育水準に関する政府統制はないので、日本のカイロプラクティック学校の水準は国際水準に比べるとかなり低い。法制化運動は続けられていて、全国療術師協会は3つの免許ーカイロプラクティック、電気光線療法、温熱・刺激療法ーの法制化を求めている。
1988年、厚生省は、全国療術師会が設立した財団法人・全国療術研究財団を許可した。この動きは、カイロプラクティックなど非西洋医学の許認可問題についての政府の意向を反映したものである。カイロプラクティックと自称する施療者の評価については実にさまざまである。海外のカイロプラクティック公認大学のカイロプラクティック学位 を取得した日本のカイロプラクターは約50人いる。日本の電話帳に載っているカイロプラクティックオフィスは800ある。鍼灸、接骨や他の治療に付随したものとしてカイロプラクティック技術を使うカイロプラクティック施療者は3000から5000人いると見られる。日本にはカイロプラクティック組織は少なくとも十数団体あるが、その多くは職能団体という,技術講習を目的につくられている。DC連絡協議会という会員50人以下であるが、公認のカイロプラクティック大学の卒業生だけの組織もある。一般 的には、自動車事故で生じた鞭打ち治療に関係しない場合は、カイロプラクティックには保険が効かない。カイロプラクティック治療費は、3000円から5000円(23ドルから40ドル)である。
カイロプラクティック健康療法の名のもとに施される措置の技能や内容の水準は施療者によって非常に異なる。その施療の一部でカイロプラクティックを行っている多くの施療者は、接骨、鍼灸、マッサージなどの治療の免許を持っている。X線利用は医師にのみ許されているが、カイロプラクーは患者を医者に送ってX線を撮ってもらうことができる。(資料提供は日本DC連絡協議会と日本カイロプラクティック総連盟)(編注・1991年5月、日本におけるDCの統一組織が作られた〔CCJ〕.また1992年11月、カイロプラクティックの主要12団体が集まって日本カイロプラクティック連絡協議会が設立された)

北アメリカ以外でのカイロプラクティックの発展はコチラから


樺ゥ香カイロプラクティック研究所
| コメント(0) | TB(10) | カイロプラクティック団体

カイロプラクティック団体

日本カイロプラクティック連絡協議会

日本のカイロプラクティックの統一に向けての経過
(昭和36年から現在)

 
第一期
日本カイロプラクティック総連盟―CFJ設立以前
-----------------------------------------------------------
 
 1961年(昭和36年)10月4日 七団体が業界を統一して、当初「全日本カイロプラクティック総連盟」として発足。
 その後、昭和43年 名称を「日本カイロプラクティック総連盟」に改名 会長に竹谷内米雄(たけやち・よねお)氏就任。
 
 昭和45年団体加盟様式を個人別会員制度に移行後、私的団体となる。
 竹谷内一愿会長就任(会員数当時約100名)「総連盟」の名称は有名無実となる。
 
 現在、平成5年より竹谷内宏明会長(整形外科医・カイロプラクティック師)就任(会員数約250名)他、ロイヤルメルボルン工科大学日本校の学長を兼任し、カイロプラクティック教育事業を展開中。日本カイロプラクティック連絡協議会に当初より加盟したが財団設立後の条件に彼らの教育事業が受け入れられないとして平成11年4月15日退会。
 
 我々、日本カイロプラクティック連絡協議会は厚生省の指導により、竹谷内氏を初めとする個別協議を公式、非公式を含め財団設立に対する理解を得るため15回以上行うがその努力の甲斐なく退会した。日本カイロプラクティック連絡協議会の会則は当時、出席理事の4分の3以上の決議をもって行われていた。

 
第二期
日本カイロプラクティック師会として
-----------------------------------------------------------
 
 1981年(昭和56年)11月、名古屋大学医学部講堂において、日本初の「日本カイロプラクティック学会(故・高木健太郎会長:参議院議員)開催を機会に園田直厚生大臣(当時)の発案により、日本国内のカイロプラクティック主要団体・有識者を糾合して昭和57年日本カイロプラクティック師会(会長・小坂善太郎:元外務大臣)発足。
 会員数約1000名
 
 昭和57年4月日本カイロプラクティック議員連盟発足
(会長・小坂善太郎:衆参議員118名)
 
 8月25日社団法人「日本カイロプラクティック師会」設立許可申請を森下元春厚生大臣へ提出。
 その後6年8カ月の間、進展がなく退会者続出。平成元年6月21日「不作為の違法確認」の訴訟を小泉純一郎厚生大臣(当時)を被告として東京地方裁判所に訴える。
              (会長:甲木 昶 かつき ひさし)
 
CFJ設立
 平成元年11月27日厚生省より「社団法人」の許可はカイロプラクティック法制化後でなければ無理。「財団法人」設立を条件に訴訟を取り下げる。
 厚生省の指導により業界団体「日本カイロプラクティック連絡協議会(会長:大島正光)として」再発足。日本カイロプラクティック師会(会長:甲木 昶:会員約250名)は一団体として加盟。財団設立許可に向けて協力中。


 
第三期(現在)
日本カイロプラクティック連絡協議会として財団法人「日本カイロプラクティック研究財団(仮称)」申請・審査中
----------------------------------------------------------
 
 厚生省の指導により、国内の主なカイロプラクティック団体を糾合し業界の代表団体として平成4年11月25日発足。
 以来、7年半余りに渡り「業界の自主規制」「カイロプラクティック学術集会」「カイロ119番電話相談室設置(一般社会や公的機関からの相談、問い合わせの窓口として活動している)」「カイロ生誕100年祭記念国際セミナー」「’97年WFC世界大会TOKYO(世界62カ国・約1800名参加)開催」等の事業を行い、業界の健全化に務める。
 
 平成9年6月5日「日本カイロプラクティック研究財団(仮称)」の設立申請書を小泉純一郎厚生大臣(当時)に提出。
 6月19日厚生省健康政策局医事課尾嵜新平課長(当時)により、財団設立のための事前審査にはいる。
 その後、具体的な設立申請書の指導がほぼ終了し、約3年3カ月を経て現在審査中。
 
 【加盟団体】会員数約3000名(準会員・学生を除く)
 1/ 自然カイロプラクティックサイエンス協会(会長:加瀬建造)
 2/ 全国カイロプラクティック師会(会長:村上一男)
 3/ 日本カイロプラクティックアカデミー(理事長:村松仲朗)
 4/ 日本カイロプラクティック師会(会長:甲木 昶)
 5/ パシフィック・アジア・カイロプラクティック協会(会長:渡辺勉)
 6/ 日本DC協会(代表:鈴木喜博)
 
 その他、加盟団体以外の日本の主なカイロプラクティック事業協同組合他、複数のカイロプラクティック団体より財団設立後の協力が約束されている。
 
 カイロプラクティック教育に関してはカイロプラクティックの創設校である、アメリカの「パーマー・カイロプラクティック大学」と提携・協力について協議中。その他、海外のカイロプラクティック大学からの協力依頼も多い。
 
 財団が設立されれば2001年にはWFC(世界カイロプラクティック連合)に日本代表として認知される。WHOのNGOに協力し世界・アジアのカイロプラクティック発展に貢献出来る。
 
 以上、1/ 日本カイロプラクティック総連盟の後、日本でのカイロプラクティック業界の統一団体は「2/ 日本カイロプラクティック師会(会長・小坂善太郎:会員約1000名)」昭和57年8月25日発足(現在会長:甲木 昶)。次いで、厚生省の指導により現在の「3/ 日本カイロプラクティック連絡協議会(会長・大島正光:会員数約3000名)」平成4年11月25日発足の3度目になる。

日本カイロプラクティック連絡協議会
| コメント(0) | TB(1) | カイロプラクティック団体

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。