日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


カイロプラクティック名古屋

名古屋・ハピネス施術院



体質改善研究所・ハピネス施術院

「自律神経失調症、めまい対策室」へようこそ

  こんにちは、院長の永谷通英です。
  あなたのお役に立てて幸せです。ありがとうございます。

  あなたにふりかかる精神的ストレスは、体の筋肉や内臓を
  こわばらせます。
  生活習慣などによる姿勢や骨盤のゆがみと合わさって、
  心身の悪循環をもたらしてしまいます。

  心が不調和であると、さらに生命力が不足し、
  自然治癒力も低下します。

  これが、自律神経失調症、めまい、睡眠障害、
  産後の体調不良など、
  多くの症状を引き起こします。

  心と体に蓄積されたストレス、緊張、ゆがみをどうやって
  解消していくのか? これがあなたを救うカギとなります。

  私は、一時的に症状を和らげるためだけに、
  あなたの大切なお金と時間を費やしてほしくありません。

  あなたを後悔させないために、真心を込めて最大限のお手伝いを
  させていただきます。

<主な適応症状>
心身系
自律神経失調症、めまい、ふらつき、睡眠障害、
食欲不振、吐き気、動悸、若年性更年期障害、
つわり、産後の体調不良、
全身倦怠感、だるさ、更年期障害、生理不順、生理痛、
血行不良、立ちくらみ、耳鳴りなど

身体系
頭痛、首のこり、肩こり、腰痛、便秘、
むちうち症状首の痛み、寝違え、手足のしびれ、
四十肩、五十肩、肋間神経痛、背中の痛み、肩甲骨の内側の痛み、
坐骨神経痛、股関節の痛み、足のむくみ、足の冷え、ひざの痛みなど

「カイロ施療対象外疾患」
腫瘍性、出血性、感染性疾患、リウマチ、筋萎縮性疾患、
心疾患および、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、 
脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、
側彎症、二分脊椎症、脊椎すべり症と
明確な診断がなされているものは
法令によりカイロプラクティック施療の
対象外となっております。

ハピネス施術院ではこれらの疾患部位に対しては、
カイロ以外の自然療法などを行うこともあります。


◆◇ 自律神経失調症、めまいなどの症状対策 ◇◆

自律神経失調症、めまい、睡眠障害のお悩み対策を紹介します。
 
自律神経失調症、心身症、イライラ、落ち込みやすいなどの
症状に悩む方がとても増えています。
ストレスは体の筋肉や内臓をこわばらせます。
体の上手なほぐし方を知らないと、
ストレスが体に蓄積されてしまいます。
その他、
電磁波の影響や、時代の変化への心の不適応など
色んな原因が重なっていることが多いです。

自立神経失調症
全身の倦怠感、頭痛、肩こり、心臓がどきどきする(動悸)、
食欲不振、吐き気がする、
つばがやたらに出て止まらなくなる(以前の私です)、
便秘、生理不順、めまい、耳鳴り、
特定の音が過敏に気になる(以前の私です)、
眠れない、頭がボーっとする、集中できないなど、
何か悪い病気にかかっているのかしらと不安です。

病院で色んな検査を受けてみますが、
明快な診断はなく、
自律神経失調症や若年性更年期障害のひとことで片付けられ、
治療法がはっきりしないのですっきりしません。
精神安定剤や睡眠薬を処方されてもさほど良くならず、
だんだん症状も悪くなっている気がする。
いったいわたしはどうしたらいいの?

原因
エアコンの中で長時間のパソコン作業、
肩がこり、運動不足で血行不良のまま寝床に入りますが、
寝つきが悪く、逆に朝は眠くて起きられません。
平日は仕事などのために何とか起きてますが、
週末は昼過ぎまで布団の中です。

仕事や人間関係の精神的ストレスは
筋肉や内臓のこわばりとして蓄積され、
呼吸が浅くなり、機能の低下と悪循環になります。
どう見ても健康な心身を維持するに
ふさわしい生活習慣には思えませんよね。
人間本来のリズムが崩れて悪循環に陥っているのです。
筋肉が弱い方が多く、骨盤や骨格もゆがみやすいのです。
脊椎側湾症の方も、
背骨や内臓の圧迫があるために自律神経失調症状が出やすいです。
しかし、
全身の骨格のゆがみを整えると
これらの症状は徐々に和らいできます。
根本的には寝方の問題と運動不足のために、
体全体のゆがみが慢性化して神経の正常な伝達が損なわれ、
慢性の代謝不良・血行不良・機能低下を起こしているのです。

施療
@問診で生活習慣を詳しく把握し、
 検査は全身をしっかり診ます。全身がゆがんでいるはずです。
A全身の筋肉をゆるめ、
 骨盤、股関節、鎖骨、肩甲骨、背骨、頚椎をソフトに調整
Bお腹のこわばりがある場合は、
 内臓マニピュレーションでほぐします
C頚椎〜骨盤の必要箇所を矯正し、圧迫を開放
D脊髄硬膜の緊張をソフトな
 オステオパシー(頭蓋仙骨)にてゆるめます
E必要に応じてリンパドレナージやレイキヒーリング、
 自律神経免疫療法

 施術後には体が温かく、頭がすっきりしたように感じるはずです。
 施術回数は、週1〜2回で12回以上必要ですが、
 徐々に楽になるので気持ちも晴れますよ。

対策
過労にならないよう、
家族や職場の方などに理解と協力を得ましょう。
症状がひどいときはまず休み、
運動療法は症状が落ち着いたときにやりましょう。

仲のよい夫婦でも2人寝はやめて1人で寝てください。
(2人とも浅い眠りと寝返り不足で体をこわします)
体内時計を整えるため、
平日も休日もほぼ同じ時間に寝起き、食事をします。
(夜は11時までに寝て、朝は7時までに起きます)

骨盤サポーターを使用して
骨盤と股関節のゆがみを防止します。
 
自宅で毎日ゴムバンド療法と運動枕の体操を継続して下さい。
そして週に2回以上、
汗ばむくらいの運動(ウオーキングなど)をします。
(家事は疲れる割に運動効果が得られません)
できれば筋力トレーニングも併用します。

よい睡眠はとても大切ですので、
次項の「睡眠障害・不眠」の対策も参考にして下さい。
必要に応じて睡眠環境を改善します。
頚椎の湾曲が改善するにつれて
適正な枕がしっくり合うようになり、
深く眠れるようになります。

食事療法は、状況に応じてアドバイス致します。

また、冷房や冷たい飲食物などで
体を冷やさないようにしましょう。

心の調和については「病気の原因(想念編)」
電磁波対策については「自然療法ブログ」をご覧下さい。

自律神経失調症には症状の波がありますが、
少しずつ薄皮をはぐように良くなっていきます。
あせらず、
やれることからでいいのでまず取り組みましょう。

詳細はコチラからどうぞ↓↓↓↓↓
体質改善研究所・ハピネス施術院

整体・カイロプラクティック情報局!【カイロプラクティック情報】
| コメント(0) | TB(0) | カイロプラクティック名古屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。